ホーム > 研究成果 > 遊川准教授が『強欲社会主義-中国・全球化の功罪』(小学館101新書)を出版

研究成果

遊川准教授が『強欲社会主義-中国・全球化の功罪』(小学館101新書)を出版

2009年12月1日



本センターの遊川和郎准教授が、『強欲社会主義-中国・全球化の功罪』を小学館101新書から出版しました。書籍の紹介ページはこちらです。